【DVD】No.29:原付日本列島制覇(水曜どうでしょうDVD全集)

原付日本列島制覇 水曜どうでしょうDVD全集

水曜どうでしょうDVD全集 第29弾。これまでの東日本と西日本のカブの旅で漏れていた東京→京都を補完するということで、カブの旅に出る企画。撮影されたのは2010年の夏ですでに「水曜どうでしょう」は全国的な知名度を得ている状態であり、それなのにロケ情報がばれやすいと思われるカブの旅にチャレンジするという心意気にはびっくりした覚えがありますね。現にYahooニュースで旅に出たらしいという記事が載っていましたからね。


概要&見どころ

以前の放送を見ていると、画面左右が切れていますが、この企画からは番組史上初のハイビジョン制作へ変更となり、フル画面となっています。
企画概要としては、「72時間!原付東日本縦断ラリー」「原付西日本制覇」と続いてきた原付列島縦断の最終章となります。「72時間!原付東日本縦断ラリー」が東京→北海道。「原付西日本制覇」が京都→鹿児島という行程であったことから、未制覇であった東京→京都間を補完し、完全制覇とするという企画。ただし、本作では、東京→高知という行程であるため、一本の線にはつながっていない状態。

ゴール地点を高知としたのは、大泉洋さんがNHKの大河ドラマ『龍馬伝』に出演したことにちなんでいるようです。道中では、過去の原付企画の過分の荷台に載せる荷物を対決列島で人気となった甘味対決(ミスターさんと藤村Dが甘味?を早食い競争する)できめるというネタも組み込んでいる。

ロケメンバーについてはこれまでと違い、専属カメラマン(鈴木武司さん。通称:タケシ)/ドライバー(松倉和哉さん)/音声担当(松澤聡さん。通称:ガッツ。)の3名が同行している。このため、嬉野Dは通常の撮影の代わりにスチル写真の撮影を行っていたほか、従来企画に比べてトークへの参加率が高い。嬉野Dは今回初めて直接自分の目でロケを見ることになり、「生でどうでしょう見てるみたい」という感想を残した
その感想を聞いた出演陣のコメントは、
 ミスターさん:素人さんの感想
 大泉洋さん :どうでしょうの旅に選ばれて参加した視聴者
という内容であった。

宿についてからは、毎晩のように大泉洋さんと藤村Dが相撲の取り組みを行っていました。たまに、ミスターさんのドロップキックも炸裂していましたね。このドロップキックは「試験に出るどうでしょう 石川県・富山県」にてミスターさんが安田顕さんにかましたのが最初だったと思います。


アクシデント&キーワード

・「4年ぶりに旅に出たこと」がYahoo!Japanのトップニュースに
・運転練習中に危うく急発進しかける
・小田原ういろうや
・カブの挙動
 ①急坂で1速に入れないと登れない
 ②ギアチェンジ時に若干車体が浮く
 ③発進時にハンドル操作がぶれる
・どうでしょうステッカー
・赤福
・四人部屋
・甘味対決は全4戦


レギュラー放送情報&DVD情報

レギュラー放送情報

2011年3月2日 – 5月18日放送、全12夜。
レギュラー放送終了後の企画第6弾。

※レギュラー放送後の企画(2020/11時点)
①2003年01月 6年間の事件簿! 今語る!あの日!あの時!(DVD第6弾)
②2003年05月 プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅(DVD第6弾)
③2004年05月 ジャングル・リベンジ(DVD第6弾)
④2005年10月 12月7日、激闘!西表島(DVD第8弾)
⑤2007年01月 ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編 (DVD第28弾)
⑥2011年03月 原付日本列島制覇(DVD第29弾) <-今回の記事の企画
⑦2013年10月 2014年1月8日、初めてのアフリカ
⑧2019年12月 2020年3月11日、北海道で家、建てます
⑨2020年10月 21年目のヨーロッパ21ヵ国完全制覇

※2016年03月の「新作DVD第24弾発売記念スペシャルトーク 水曜どうでしょうを語ろう」はいったん除外


DVD情報

DVD全集 第29弾。DVD3枚組/BlueRay1枚。収録時間:324分。

HTB様公式情報:
「新作はまだか!」「もう作らないのか!」との世間の声にもただ沈黙を守ってきたどうでしょう班が、満を持して新作ロケの旅へ。原付バイクのスーパーカブにまたがり、東京・羽田を出発、高知の桂浜を目指します。4 年のブランクを打ち破る久々の新作に否応なく高まる期待…。それに応えるべく、変わらない往年の名調子は果たして果たして健在なのか!?またしても企画内容を一切知らされず、これから自分の身に何が降りかかるのかも分からずに羽田を発つ大泉さん。原付シリーズの完結編!いったい何が起きるのか!?

from HTB様HP

おまけ話1

この企画より、予告編・日時場所スーパーの音楽で使われた映画「ガメラ」のサウンドトラックが、DVD第10弾以降に使われている「水曜どうでしょう予告編(本間昭光作曲)」へと変更となりました。

今回の企画での専属カメラマンのタケシさんは、前後枠の撮影も担当されているようです。


おまけ話2(SandAの所感)

大泉洋さんには企画内容を内緒の状態からのロケスタートということで、いつも通り感を醸し出しつつも、どうでしょう班の動向がYahoo!Japanのトップニュースになるなど注目されていることをご本人たちもだいぶ意識されている模様。途中でどうでしょうステッカーを貼っている車を見かけるなど、全国的な人気であることを企画内で確認できてしまうという状態で、改めて凄さを感じました。
「水曜どうでしょう」の旅の行程をなぞりたいと思ったことが数回ありますが、どうでしょう班の宿泊するホテルや旅館はそこそこのお値段がするため、断念。番組内で使用したフェリーや食べ物屋さんが何とかマネできるかなと言うところですね。
今回の企画で言うと、伊勢湾フェリーだけな何とかマネできました。使う必要もないのにワザワザフェリー乗り場近くに宿泊し、朝一でフェリーに乗船。人生初フェリーでしたので、なかなか面白かったですね。


おまけ話3 (関連グッズ)

DVD発売時に一番くじで様々なグッズ販売をしていましたね。1回700円でしたので、そんなに回数が引けなかったのですが、いくつかのグッズが手元にあります。そんな中で、今、一番気になっている本作関連グッズは、鹿の角。一番くじ関連ではないものの、ちょっと欲しい。うーん、どうしよう?


コメント

タイトルとURLをコピーしました